売却を不動産会社に依頼する時のコツ

不動産、特に建物の売却で消費税が課税されます

不動産、特に建物の売却で消費税が課税されます 不動産事業を行う人が不動産事業用の建物を売ると、消費税が課税されます。
消費税は、事業者が事業として対価を得て行う取引に課されることになっており、それに当てはまるからです。
では、建物を売ったその年にすぐ課税されるのでしょうか。
売上には、消費税が課税される売上(課税売上)と、されない売上があります。
建物の売却は課税売上です。
XX年から見て、2年前の1年間を基準期間といいます。
基準期間の課税売上が1千万円を超えている人を課税事業者といい、XX年の課税売上に課税されます。
1千万円以下なら、免税事業者といって、XX年は課税されません。
「2年前」に1千万円を超えたら「今年」の売上に課税されるということです。
今年、事業用の建物が2千万円で売れたとします。
この場合、2年前が課税事業者なら今年の建物の売却に課税されますが、2年前が免税事業者なら課税されません。
今までずっと免税事業者だ、という人はほっとされたかもしれません。
しかし実は、ここで安心はできないのです。
今年建物が2千万円で売れたということは、今年の2年後、再来年は課税事業者になります。
もし再来年に少しでも課税売上があれば課税されます。
この、建物を売却した2年後の申告が、とても忘れてしまいやすいのです。
事業用の建物を売却したときは、自分がいつの売上について課税されるのかしっかりと把握し、忘れずに申告書を提出するようにしましょう。

不動産での売却:随意契約についての解説

不動産での売却:随意契約についての解説 国や地方公共団体が所有する不動産の売却において、一般競争入札とともによく用いられる手法の一つに「随意契約」と呼ばれるものがあります。
随意契約について解説すると、この手法は売主側が任意に買主を決めて売買契約を締結することを指しています。
随意契約に関するルールは自治体ごとに異なりますが、大まかな流れは民間で行われている不動産取引とほぼ一緒で、指定された書類を提出することにより購入の申し込みを行い、自治体が審査を行って不動産の売却先を決定し、売買契約を締結後に買主が代金の払い込みを行って所有権移転登記を行うといった流れですすめられていきます。
公共事業をめぐる随意契約はトラブルを招きやすく、過去に談合事件が何度も起きて国民から批判を受けていることから、現在は法令によって不動産売却は原則として競争入札で行うことが取り決められており、随意契約については法令で認められているケースに該当する場合のみ行うことが認められています。



新着情報

◎2017/9/22

不動産売却の流れ
の情報を更新しました。

◎2017/6/21

不動産売却にかかる諸費用
の情報を更新しました。

◎2017/3/24

無料でできる不動産査定
の情報を更新しました。

「不動産 税」
に関連するツイート
Twitter

不動産賃貸業のための金クイズ✨ 問66【店舗併用住宅の固定資産】 1階を店舗、2階を自宅として使用し、各階の床面積が同一の家屋の敷地については、その敷地全体が住宅用地となる。 #不動産 #不動産 #不動産賃貸 #不動産投資 #確定申告 #節 #青色申告 #経費 #都 #固定資産

Twitter税理士サトウ@相続・不動産@expresstaxsato

返信 リツイート 16分前

不動産投資は、消費が上がる前にやっとくべき?消費が上がるとはまだ決まってないけどな。

日本では土地と建物を別個の不動産として取り扱います。不動産の取引価格は、売主と買主双方で決定しますが、公示価格や基準値標準価格、路線価、固定資産評価額など目的に応じた目安の価格が公表されています。また、不動産の鑑定評価は原価、比較、収益の3つの方式を併用して行われます。

「毎年払う固定資産、節できないかな?」とお考えの方もいるのではないでしょうか。固定資産は1度払えば終わりの不動産取得とは異なり、所有している期間は継続して払い続ける必要があります。そこで、今回は固定資産を節する方法を紹介します。 realestate-guide.jp/law-3-1363

Twitter不動産エグゼクティブガイド@fudosan_guide

返信 リツイート 10:56

#金の話 土地や建物(新築・中古)を取得したらかかってくる金があります。その名も「不動産取得」そんな金は、キチンと申告して軽減してやりましょう!取得から60日以内の申告ですよ~ #不動産 #マイホーム #新築 #中古住宅 #土地 akebonof.com/info/%e4%b8%8d…

Twitter曙不動産@山形不動産買取@akebonofudosan

返信 リツイート 10:17

twitter.com/manaca_manaka/… 代償財産として、不動産を交付した場合は、所得の課対象

こういった損益のケースを様々に試算すれば良いわけで、これはざっくり言ってもプラスな訳です また、不動産取得に関しては取得時の経費計上科目や減価償却費が発生するので、まあ、これも効果があるのかもしれません… でもね、ここに忘れているチェック項目があるんですよ それが「資金繰り」です

Twitter木崎利長(ざっきー)経営者専門の保険屋@zaki0510

返信 リツイート 10:04

【無料相続メールセミナー】 相続に対して、こんなお悩みありませんか? ✅相続で家族が揉めないか不安 ✅相続対策は何をしたらいいのだろう ✅相続がいくら位になるか知りたい 「損をしない」不動産相続にするための7つのポイント bit.ly/2Wlt7iK

Twitter不動産相続の困った!を解決する相続専門の相談窓口 -フミルバ不動産相続-@tokyosouzokushi

返信 リツイート 9:48

固定資産を所有している人が、固定資産の納義務者になります。土地・家屋は、原則として登記簿に登記されている人が納義務者です。 #登記 #不動産

Twitter豊中市【公式】市税なるほど情報@toyonaka_zei

返信 リツイート 9:35

あと遺産分割協議は時間かかるくせに、 相続の支払いがすぐやってくるという話だった。 これは詳しく話を聞かなかったので、来週よく聞いておかないといけない。 とりあえず父の遺産の総額が5400万だったら支払わなくてよいだったかな。 まあ不動産がそんな価値あるとは思えないが