不動産のフランチャイズの成功事例

不動産のフランチャイズの成功事例

不動産のフランチャイズの成功事例 不景気な現代社会において、不動産業界でも以前のような収益を上げられない企業が増えつつあります。
一部の地域を除き、不動産価格の下落に歯止めがかからない状況になっているからです。
そこで大切になってくるのが事業の効率化です。できるだけ経費を減らして、契約数を多くすることが必要になります。
そのための手段として、フランチャイズに加盟する企業が増加傾向にあります。すでに加盟することによる成功事例は数多く存在します。
たとえば、知名度を活かして成功した事例が挙げられます。どれだけ良い物件を揃えていたとしても、無名の小規模な不動産会社にはお客様が寄り付きにくいです。
有名なフランチャイズに加盟することで、お客様が安心して入店できるようになるのです。もともと良い物件を揃えている場合、それだけで自然と収益が上がるようになります。
また情報網を活かして成功した事例も存在します。
現代は情報社会と呼ばれるように、インターネットが普及しており、物件探しに利用する人が非常に多いです。個人経営の場合、集客力を上げるホームページの作成は簡単では難しいです。
もし作ったとしても、多くの場合、アクセス数は少ないでしょう。フランチャイズに加盟することで、大手のホームページに掲載され、毎日多くの人の目に触れるようになります。
これにより集客数が一気に増え、成功する不動産会社も少なくありません。

オーバーローンをしている場合の不動産売却について

オーバーローンをしている場合の不動産売却について 不動産を売却する時には、その不動産の査定額に基づいて売却を決めるのが普通になります。
例えば、不動産の価値が2000万円ならば、その相場が得だと思うなら売却を出来ますし、損だと思えば売却をしないという選択が可能になります。
ですが、オーバーローンをしている場合は少し話が変わってきます。
オーバーローンとは、住宅をローンで購入したけども、売却の時点でローンが払い終えていない場合です。しかも、売却額よりもローンの方が多いことを言います。
先ほどの例で言えば、2000万円の価値がある不動産を持っていても、ローンの残額が2500万円あるとすればその家を売ることは出来ません。
なぜ、売ることができないかと言えば、ローンを組むときには、必ずその物件に担保権が設定されるからです。
担保権が設定されているということは、その物件の登記は所有者のものでも、実質的には、担保権を設定している金融機関の物なのです。
そうだすとすれ、オーバーローンの状態で売却出来る可能性があるのは、担保権を外すことができる場合だけです。
担保権を外す方法の1つは、保証会社に担保権の分を支払ってもらい、担保権を外す方法です。
任意売却する場合はこの方法を利用することになります。

「不動産」に関する情報リンク

市川周辺の不動産情報サイト

本八幡 不動産



新着情報

◎2017/9/22

不動産売却の流れ
の情報を更新しました。

◎2017/6/21

不動産売却にかかる諸費用
の情報を更新しました。

◎2017/3/24

無料でできる不動産査定
の情報を更新しました。

「不動産 ローン」
に関連するツイート
Twitter

そして預金の利息が低いって事は、不動産を購入する時のローンの借り入れ金利も低いって事になるんだよっ♪超低金利の時代だからこそ、不動産投資を始めるには最適の時期だと思うんだ! 参考資料だよ♪ goo.gl/oGhHQ

Twitter yuutann13579 ゆうたん(*>ω<*)

返信 リツイート 1分前

住宅ローンを組むとき、自己資金が無くても大丈夫? gunchu.estate/448/ #不動産 #戸建 #リフォーム #新築 #費用 #建て替え #住まい #おうちの相談窓口 #郡山市

Twitter gunchugroup トラ丸くん(郡中GROUPキャラクター)

返信 リツイート 4:37

返信先:@naotkhsrn他1人 元の契約が不動産投資ローンを固定で借りてるか変動で借りてるかは知りませんし、興味もないですが、金利1%なんてありえない金利に大幅に優遇した上に完済まで金利固定はないでしょう

Twitter kojiken0326 Kenichi Kojima

返信 リツイート 2:45

ご近所トラブルとは不動産業界にだまされて、夢のマイホームという名の掘っ立て小屋を売りつけられ、ローンでがんじがらめになった奴隷たちのミジメないさかいだ。 リーガルハイ2

Twitter dorama_meigen ドラマ 名言 bot

返信 リツイート 2:34

これまでのバブルは、不動産バブルや、米国のITバブル、同じく米国の金融・住宅ローンバブルなど、色んな形に姿を変えてきたが、信用の膨張と収縮のサイクルである。今回は、やはり中央銀行の緩和政策バブルであろうか。どの政府・中央銀行も発行した債券を中央銀行が大量に保有している。

Twitter nomobilemail_1 真壁六郎太_2.1

返信 リツイート 1:23

返信先:@ssaw_ampm 社会人になったら少しずつ不動産集めたいとおもってます 先進国ならローンはありだけど 途上国だと金利高くて一括じゃないとダメですかね(⌒-⌒; ) アメリカが思ったよりいい気がして 今調べてますwww

不動産投資家けいこのスマートライフ♪ご覧頂きありがとうございます^^ 詳しい話を聞きたい...セミナー不動産投資 利回り不動産投資とは不動産投資 OL不動産投資 リスク不動産投資信託不動産投資 節税不動産投資の教科書不動産投資 確定申告不動産投資...動産投資 漫画不動産投資 マイナス不動産投資 間取り不動産投資 マーケティング不動産投資 マイナス金利不動産投資 まりお不動産投資 マルチプル不動産投資 マレーシア...

不動産投資家けいこのスマートライフ♪ご覧頂きありがとうございます^^ 詳しい話を聞きたい方は「不動産」と連絡下さい!Facebookやってます。お友達リクエストお待ちしてます♪⇒ LINE@でお...動産投資 区分不動産投資 怖い不動産投資 詐欺不動産投資 情報不動産投資 勉強不動産投資 資金不動産投資 セミナー不動産投資 節税不動産投資 成功不動産投資 セミリタイア不動産投資 成功者不動産...

不動産投資家けいこのスマートライフ♪ご覧頂きありがとうございます^^ 詳しい話を聞きたい方は「不動産」と連絡下さい!Facebookやってます。お友達リクエストお待ちしてます♪⇒ LINE@でお...動産投資 区分不動産投資 怖い不動産投資 詐欺不動産投資 情報不動産投資 勉強不動産投資 資金不動産投資 セミナー不動産投資 節税不動産投資 成功不動産投資 セミリタイア不動産投資 成功者不動産...

不動産投資家けいこのスマートライフ♪ご覧頂きありがとうございます^^ 詳しい話を聞きたい方は「不動産」と連絡下さい!Facebookやってます。お友達リクエストお待ちしてます♪⇒ LINE@でお...動産投資 区分不動産投資 怖い不動産投資 詐欺不動産投資 情報不動産投資 勉強不動産投資 資金不動産投資 セミナー不動産投資 節税不動産投資 成功不動産投資 セミリタイア不動産投資 成功者不動産...